他社借入している専業主婦でもカードローン審査に通るのか?

専業主婦のあなたが既に今から申し込もうとしている銀行や消費者金融以外から借入している場合には審査に影響するのか?また影響するとしたらどんな風に影響するのか?について解消していきます。

 

自身が他社借入している場合における審査への影響

 

銀行カードローンの場合では他社から自動車ローンや費者金融などから借入している場合でも総量規制外なので基本的に専業主婦だからといっても何社でも借入は可能です。しかし、一般的には3社以上から借入をしていると審査に通らない可能性があるとされているので、既に他社借入している専業主婦の方は申し込む前に借入先の件数を確認しておきましょう。他社からの借入が3件以上なら借入件数を減らせさえすれば通る可能性はグッと上がりますね。その方法がおまとめローンなんです。言うまでもありませんが、専業主婦は無収入を意味するので他社借入していない方が理想です。

 

自身ではなく旦那が他社借入している場合における審査への影響

一般的な家庭では旦那名義で住宅ローンを組んでいる方がほとんどだと思います。専業主婦であるあなたではなく旦那が銀行や消費者金融から他社借入している場合、あたなが借入する時の審査に影響するのでしょうか?という疑問を解決していきたいと思います。

 

専業主婦のあなたが銀行カードローンに申し込む場合は銀行側からすると返済能力を見るには旦那の収入が頼りになるはずです。専業主婦なら無収入を意味するので当たり前ですよね。なので旦那の借入状況も影響はするはずです。審査に関しては最終的にブラックボックスで審査をする銀行側にしか分からなくなっているので絶対という事はありません。旦那の借入状況と収入によって審査に通るかどうかは変わります。

 

最後に!これからマイホーム購入を検討していて住宅ローンが組めるか心配な方へのポイント

消費者金融でのキャッシング、クレジットカードでのキャッシング、銀行カードローンなど借入をしている事によってしていない状態と比べるとどうしても融資金額に差は出てきたりします。住宅ローンの頭金を多く持っている方なら心配ないかもしれませんが、ほとんどの方は30年ぐらいのローンを組むのでなるべく借りたいわけですね。なので出来る限り多く住宅ローンを組みたいのであれば借入はあまりない方が良いでしょう。